血糖値の上昇を抑えるLAB4乳酸菌

002

私達の健康をからだの内側からコントロールしてくれる乳酸菌。当初腸内の環境を整えてくれるということが評判になりましたが、最近では花粉症、アトピー、口臭、中性脂肪など様々ものに効果があるのではと、その無限の可能性が注目を浴びています。中でも血糖値の上昇を抑えてくれるといわれている乳酸菌が「LAB4乳酸菌」です。血糖値をコントロールせず高いまま放置していると、糖尿病になる危険があります。糖尿病は神経障害、網膜症、腎症の引き金となるため、できれば糖尿病になるのは防ぎたいものです。

「LAB4乳酸菌」は、食後の血糖値の上昇を抑える働きを持っています。血糖値のピークが低くなるため、過剰なインスリンの分泌を防ぎます。生活習慣病としての糖尿病を防ぐためには少しでも血糖値に問題があったら、早めの対策が必要です。適度な運動と規則正しい食生活で体重を増加させないことももちろん大切ですが、「太っていないから糖尿病とは縁がない」というのは間違いです。日頃から血糖値をコントロールすることが大切です。しかし、仕事や家事、育児等で中々忙しく日々の生活をコントロールするのが忙しい人も多いことでしょう。そんな場合はこの「LABA乳酸菌」は錠剤にふくまれているものもあるので上手に日々の生活に取り入れたいですね。

ガセリ菌SP株はお手軽で優れた効果あり

004

ガセリ菌SP株という乳酸菌を聞いたことはありませんか?生きて腸に届く乳酸菌として有名なのですが、実はそれだけではありません。
なんと、現在人が悩まされているメタボリックシンドロームや、高コレステロール症にも効果的だと言われています。
「乳酸菌なんてどれも一緒でしょ?」そう思っている人は大きな間違いをしています。実は乳酸菌には驚くほどの種類があり、中にはそもそも胃で吸収されてしまい腸まで届かないものや、熱や酸に弱く、すぐに死んでしまう乳酸菌もいます。
また、乳酸菌の種類によっても得手不得手があり、体質に合う合わないという違いもあります。

そしてこのガセリ菌SP株が特にすごいのは、普通にスーパーなどで購入できるところです。メグミルクの「恵」というヨーグルト製品をご存知ありませんか?例えばその商品にガセリ菌SP株が多く含まれています。実はあまり知られていないのですが、同じヨーグルトでも含まれている乳酸菌の種類は違っており、また、免疫力向上やダイエット効果など、整腸効果以外に変わった効能のある乳酸菌が含まれていることはほとんどありません。そういった特殊な乳酸菌は通信販売などで手に入れるしかないのです。その点、お手軽にスーパーでも購入できるというのは大きな強みですよね?
もしヨーグルトを意識せずに買っているのなら、次からは乳酸菌の種類にもこだわりを持つことをお勧めします。

プラズマ乳酸菌の効果がすごい!

004

プラズマ乳酸菌のここがすごい!といういところを紹介します。

  • 整腸効果
  • 免疫力アップ
  • 美肌効果
  • アンチエイジング効果

特に大注目なのが美肌効果の延長上ともいえるアンチエイジング効果ではないでしょうか?整腸効果は乳酸菌ならある程度は当たり前。免疫力アップも乳酸菌の種類によってはそれほど珍しいものではありません。しかしながら、美肌とアンチエイジングの効果がある乳酸菌はなかなかありませんよね?
実はこのプラズマ乳酸菌は免疫細胞を活性化させることで、結果として美肌やアンチエイジングの効果がもたらされるのです。
どういうことかというと、老化の原因は単に加齢だけだと思っていませんか?それは大きな間違いです。加齢による内蔵の痛み、病気による細胞への負担も大きな要因なのです。
極端な話、一度も病気や怪我をしていない人と、毎年何かしらの病気や怪我をしている人を比べると、全く同じ生活環境であったとしてもその老化の速度は一目瞭然だと言われています。
なので、このプラズマ乳酸菌は免疫力を高めることで様々な効果をもたらすのです。
また、キリンと小岩井乳業の共同開発、研究という信頼性の高い機関での発表ですので安心ですよね?定期的にヨーグルトなどで乳酸菌を補っているなら、次からはこのプラズマ乳酸菌に替えてみては如何でしょうか。

血糖値に問題があるからダメだと言われても食べたくなるのがおやつ

001

血糖値が高いと医師から指導があった場合、間食はしないようにと言われてしまいますが、急に今まで食べていたおやつを全面禁止にする事は難しいですよね。しかし身体の事を考えると我慢した方が良いのは明確です。
急には難しくても、少しづつ生活のなかで変化させていきませんか?
血糖値を上昇させるブドウ糖ですが、食べたものが体内で糖に変化し、血糖値の変動を計った「GI値』(グリセミック・インデックス)というものがあります。ブドウ糖摂取時の上昇率を100とし相対的に表したものです。
このGI値は食品の糖質量や消化のスピードで決まるのですが、GI値が低いと血糖値の上昇は遅くなります。
またGI値は同じ食材でも調理方法が変われば変化します。例えば白米はそのまま炊いて食べるより、お粥として食べる法がGI値は低くなるのです。
また食物繊維は象徴で吸収される糖分や脂肪分の吸収を抑え、血糖値の上昇を防ぎます。
あれはダメ、これもダメと食事に制限がかかると、食事をする事を苦痛と感じてしまうかもしれません。
今までと同じようなおやつではないかもしれませんが、GI値が低く血糖値があまり上昇しないおやつは、バナナ、さつまいも、ナッツ類、りんご、オレンジ、チーズ、プレーンヨーグルト、プリン、オレンジゼリーなどがあります。またおからを使用したクッキーやマフィンなどの焼き菓子、おかしではありませんがゆで卵やスルメ、チーズなども満腹感も得られるし血糖値も上昇しにくいものです。
いくらGI値が低いからと言って食べ過ぎてしまってはいけませんが、我慢できない時に食べられるものがあるだけで安心しませんか?
食べる事は生活するなかで楽しみの一つです。制限ばかりで楽しみを感じなくなるどころか苦痛に感じてしまうと、自暴自棄になり暴飲暴食に走ってしまったり生きる意欲が低下してしまったりと本末転倒になってしまいます。
楽しく食事やおやつを食べるためにも、日々の食生活を見直す事は大切ですが、見直したあとにも楽しみと思えるような工夫が必要です。

血糖値が高いって言われたけど、何も症状がないから大丈夫?

005

日常生活で何も自覚症状がないと、問題視することなく「まだ大丈夫だろう」とたかをくくって見逃してしまいがちですが、血糖値が高いということは様々な弊害があります。代表的なものは糖尿病です。
加齢とともに病気でなくても体には変化が起こります。加齢による変化なのか病気の症状であるのか、ゆっくりとした変化であれば注意しなければ気付かないことも多いです。
2型糖尿病の症状は、いつもより空腹感が強い。異常に喉が乾く。夜に尿の回数が増えた。尿量が増えた。疲れやすい。眠気を感じる。目がかすむ。傷の治りが遅い。皮膚の乾燥やかゆみがある。ダイエットもしていないのに体重が減ってきた。手先や指先が冷える。便秘や下痢を繰り返す。立ちくらみがある。風邪などをひきやすくなった。性欲の減退などです。
軽い症状だと季節的なものや加齢によるものと思っていて、病院などでこのようなことがあるかどうか聞かれて初めてこれらが病気の症状であると気づく方も少なくないのではないでしょうか。

糖尿病と診断されれば食事や運動をはじめ、内服やインスリンの自己注射などの制限がかかってきます。
それは糖尿病が進行してしまうと神経障害や網膜症、腎症の糖尿病性三大合併症と言われるものから脳卒中や心筋梗塞などの疾患にもつながってきます。糖尿病患者は健康な人と比べると脳卒中や心疾患を発症するリスクはおよそ3倍に跳ね上がります。

糖尿病は自覚症状が出るまでに10年や20年と長い時間がかかる場合もあります。症状がないからといって治療を受けなかったり治療を中断して放置してしまうと、合併症が発症・進行し日常生活へ大きな制限がかけられてしまうかもしれません。糖尿病は完治することのない病気です。血糖値が高いと健康診断などで指摘されたり、軽度でも自覚症状が表れた場合は一度病院でしっかりと検査してもらったほうが良いかもしれません。
糖尿病や糖尿病性合併症を発症してしまう前に、日常生活を見直し血糖コントロールに勤めたほうが健康に長い間生活できるでしょう。

高血糖より怖い!?低血糖ってどんなもの?

006

血糖値が正常値以下(通常は70mg/dL以下)になったことにより、眠気や発語困難、痙攣、意識混濁、震え、動機、発汗、不安などの症状が現れた場合をて低血糖症といいます。血糖値が正常値以下でも症状が出なければ問題ないのですが、低血糖症の症状には生命が危険にさらされることもあるので注意が必要です。

低血糖症の原因には糖尿病治療薬によるもの、アルコール、抗不整脈薬、胃切除後に起こるダンピング症候群、胃下垂、インスリン感受性が高い人などがあります。
症状は緩やかに血糖値が低下した場合は自律神経症状の意識混濁、痙攣、発語困難、複視、集中力散漫・低下、眠気、頭痛、昏睡などがあらわれ、急激に低下した場合は中枢神経症状の発汗、震え、不安、空腹、口唇乾燥、動悸などがあらわれます。

上記のように症状が自覚できないような無自覚低血糖というものもあります。過去に低血糖を起こしたり糖尿病による神経障害が進行している人などに見受けられる、血糖値が正常値以下になっても症状があらわれない危険な状態です。
症状が自覚できないまま血糖値が低下し続けてしまい、数時間記憶が無くなったり、不可解な行動をしたり、突然意識を失ってしまう危険性もあります。自動車の運転中などに低血糖症による事故が起こることを防ぐために、低血糖を起こしたことがあるすべての人という訳ではありませんが医師の診断書などをもとに免許の保留や停止などの規定もあります。

糖尿病の治療で使用するインスリン注射を使用していたり血糖値を下げるために内服をしている人は、いつ低血糖上になってもおかしくない状態です。低血糖で突然倒れてしまわないよう日々の生活の中で低血糖になってしまわないよう自己管理することが必要になります。血糖値は食事や運動で変化してしますので、食事内容や量・運動量、ストレスや疲労などに気をつけたり、定期的に血糖値そ測定するなどして低血糖の予防をしていきましょう。また、低血糖になってしまった時、自分でブドウ糖を摂取できる状態であるとは限りません。意識を失ってしまった場合などでもすぐに周囲の協力が得られるよう、低血糖症であることやブドウ糖の摂取をお願いしたり、すぐに救急要請してもらえるよう書いたカードなどをバッグに下げたりするとよいかもしれません。