眠い眠いと思ったら、血糖値が乱れていた!?

b

食後の急な眠気に困った経験がある人も少なくないかと思いますが、その眠気は血糖値の乱れからくるものかもしれません。
食事によって血糖値は上昇するのですが、体内ではインスリンが分泌され血糖値を抑えようとします。そのインスリンが眠気を引き起こしています。糖尿病やその予備軍の人など血糖値が高い人は、高くなった血糖値を下げるためにインスリンを多く分泌します。インスリンの分泌量が多いため、健康なひとよりも眠気が強くなっているのです。糖尿病やその予備軍の人は健康な人よりインスリンが過剰に分泌されやすいのですが、その過剰に分泌されたインスリンが今度は低血糖を起こしてしまいます。
体内の糖質が不足すると、糖質を唯一のエネルギー源とする脳を休ませるために眠気がおこります。
血糖値が高すぎても低すぎても眠気が起こるのです。

健康な人でも食後に血糖値を調整するために分泌されるインスリンが眠気を起こしますが、睡眠は十分とれているはずなのに食後に急激な我慢できないような眠気が起こる場合は糖尿病の可能性があるため一度病院で検査を受けた方が良いかもしれません。
このような低血糖は眠気だけでなく、イライラや不安感、無気力、倦怠感、思考低下手、異常行動などの精神的な症状も現れてきます。また手足の冷え、発汗、動悸、震え、痙攣や最悪昏睡状態に陥る可能性もあります。
また、胃下垂や胃酸過多症、貧血、膵臓機能障害、アレルギー体質、自律神経失調症、甲状腺機能障害などの人は低血糖症になりやすい体質なので注意しましょう。
血糖値の安定は精神状態も安定します。普段の食生活の中で、炭水化物や甘いお菓子や飲料などを取り過ぎていないか振り返ってみてはいかがでしょうか。
食べ方を野菜類→タンパク質→炭水化物の順にしたり、ゆっくりよく噛んで食べることでも血糖値の変化を減らす事ができます。空腹時に急に糖質の多いものを食べると急な血糖値上昇につながるので注意しましょう。
健康診断では発見できない事もあるため、心配な人は症状を詳しく伝え医師に相談しブドウ糖負荷試験等を行った方が良いかもしれません。