血糖値を下げる乳酸菌の秘密

004

乳酸菌は何となくお腹にいい。そんな考えはもはや古いです!確かに乳酸菌の有名な効能は善玉菌を増やすことで腸内環境を改善する働きです。しかしながら、それはほんの氷山の一角です。実はその先には血糖値を下げる効果もあるのです。
例えば糖尿病の方が最近増えているのはご存知でしょうか?実はこの糖尿病は発症するまでの自覚症状が全くありません。そのため、気づいたときにはもはや手遅れというケースが数多くあるのです。
一度糖尿病になってしまったら、インシュリンの注射や定期的に糖分を摂取するなど面倒な制約がたくさんあります。
舐めていてはいけない血糖値、それを改善し、糖尿病を予防するのにも乳酸菌はとても役立つのです。
また、乳酸菌には他にもあまり知られていない次のような働きがあります。

  • 血糖値を下げる
  • 消化を助ける
  • 免疫力の向上
  • アレルギー症状の改善
  • ガン予防
  • コレステロール、中性脂肪の抑制

主な働きは確かに善玉菌を増やして、腸内環境を改善するというものですが、他にもこれだけの働きをしてくれるのです。
ちなみに乳酸菌はヨーグルトに多く含まれていると思われがちですが、実はキムチやチーズにもたくさん含まれています。
毎日、少しだけでも摂取することで数々の予防効果があるので、とてもお勧めです。